任意整理という言葉は一般には負債の整理と言われていて、おのおの債権を持つものに対

任意整理という言葉は一般には負債の整理と言われていて、おのおの債権を持つものに対し借金の支払いを行うことを前提とした債務の整理の選択肢になります。具体的な流れですが、司法書士もしくは弁護士事務所債権を持つものとあなたとの中に立って話し合って利息を定める法律に従い利息の適用し直しを行いもう一度計算しなおした借り入れた元金に対する金利をカットした方法で36か月ほどの時間をめどに返済を行う債務整理手順です。

任意整理には各種裁判所等をはじめとする国家機関が管理することがないためそのほかの選択肢と比べると手続きを行った際の不利な点が小さく、過程自体も依頼者にとってほとんど問題にならないので、ここから選択してもらいたいやり方でもあります。くわえて、債権を有する者がヤミ金といった法外な利息だった場合は、法律が明記している利子を超えて渡した利息分においてはその元金に充当できると考え借金の元金それそのものを減らしてしまうことも可能です。つまり、サラ金みたいな大変高額な年利を取るところに対しある程度長い期間返済し続けているケースでは期待以上の支払額をカットすることができることもありますし、10年以上返済してきたケースだと借金そのものが消滅してしまうようなこともあります。

借金の整理のポイントを挙げると、破産宣告とは異なりある部分だけの借金だけを整理することが可能ですので、他の連帯保証人が付いている借入金を除いて整理する場合やマンションのローン以外で整理をしていく際などにおいても検討することも可能になりますし、全ての財産を手放すことが求められていないため株式やマンションなどの個人資産を持っていて、処分したくない状況でも有効な借金整理の手続きになるでしょう。ただし、これから返済していく額と現実の所得額を比較検討し、ある程度返済が見通せるようである場合はこの方法で手続きを取ることは可能ですが、破産宣告とは違って負債自体が消えてしまうのではありませんので負債の額がだいぶある場合においては任意整理の手続きを実行するのは難しいと考えるのが無難でしょう。