任意整理という言葉は借金整理とも言われていて、それぞれの債権を持つものに返金を続

任意整理という言葉は借金整理とも言われていて、それぞれの債権を持つものに返金を続けていくことを選ぶ債務整理の選択肢になります。    

具体的な流れは、司法書士あるいは弁護士の資格を持つもの貸し手とあなたの中に立って話し合って法によって利息の再計算をもとに借りたお金の元金の年利を下げる方法で3年程度の期間をめどに返済を行っていく債務整理の順序です。    

任意による整理はいわゆる裁判所のような公の機関が処理しませんので別の選択肢と比べても手続きを行った場合の不利になる点が少なく方策そのものが債務者に最も重荷にならないことから一番初めに比較検討しなければならない対策といえます。    また、お金の貸し手がヤミ金業者みたいな高額な借入利息の場合には、利息制限法という法律が許している貸出金利に加えて渡した利息分は借入元金に充てられると判断し借入金の元金それ自体を減らすことも可能です。    
ということから、サラリーマン金融といった高額な利子を取るところへある程度の期間返している場合だとけっこうな額を減額できる場合もあり10年くらい返済を続けている例では元金そのものがクリアーになるような場合もあります。    

債務の整理の有利な点は破産宣告と違い一部分のお金だけをまとめていくことになるので保証人が関連する借金を除いて手続きしたい場合や住宅ローンの分を除き処理する場合等も適用することも可能になりますし、資産を手放すことは必要とされていないので、貴金属やマンションなどの個人資産を所有していて、放棄したくない場合においても活用できる債務整理の手続きになります。    

ただ、後々返済していく額と現実として可能な可処分所得を検討し、適度に返済の目処が立てられるようなら任意整理の手続きで進めるほうが良いですが破産宣告とは違って借金そのものが消えるわけではありませんので元金の額がだいぶある状況では実際的には任意整理で方法を取るのは難しいということになるでしょう。