任意整理をすすめられたのですが、債務整理って何?

任意整理は一般的には負債の整理というふうにも呼んでいてそれらの債権を有する者に対しての返金を続けることを選択する債務を整理する手だてなのです。一般的な手続きでは、司法書士有資格者や弁護士事務所貸し手と借り手の中に入って相談し合い、利息に関する法律に照らしながら利息の再計算をしてから新たに計算した借金の元金についての金利をカットしたことによって36か月程度の期日をめどに返済を完了する借金整理順序です。

この場合は警察などをはじめ公の機関が関与することはないためそのほかの処理と比べた場合手続きした場合の不利益が一番少なく方策も借金をしている人にとって最もストレスがないためここから比較検討するようお勧めしたい対策といえます。または、お金の貸し手がサラ金のように法外な借入利息であるなら、利息制限法という法律が許している金利などに加えて返した借入金利については借入金の元金に充当するとみなされ元金を減らすこともできてしまいます。

つまりは、サラ金業者といったような高額な借入利息を取るところへ長い間返済を続けているケースではある程度の額を減額できる場合もありますし10年以上返し続けているケースでは元金自体が消滅してしまうようなこともあります。
任意の整理の良い点を挙げると、破産手続きと違って一部のお金だけを整理することができますので他の保証人が関係している負債を別として整理したい場合や住宅ローンを別として整理していく際等でも申請することも可能ですし築き上げてきた財産を手放す必要がありませんので、投資信託やマンションなどの自分名義の資産を保有していて、処分してしまいたくない状況であっても有効な債務整理の手順になります。

しかしながら、手続き後返済していく額と収入を検討して、適切に返済の目処が立つ場合においては任意整理の手続きを取るほうが良いといえますが、自己破産手続きとは違って返済義務自体が消えてしまうという意味ではありませんので、借入金の合計が大きい場合においては、現実問題として任意整理による手続きを実行するのは困難だということになるでしょう。