何よりも辛かった督促を中止させることが出来ました!

返済が出来ず一番怖い 経験だった取立てを止めることができた僕の話です。私は大手企業の工場の派遣ですが、1年間に入るお金は何をしても190万にしかならないのです。1か月の僕の給与は15万円弱という額なので、アパートの賃貸料や電気代、食費にもろもろの経費を充てて生活しているのですが、ため息が出るほどいつもギリギリの収入なのです。そういった事がきっかけで、支払いをしなければならない時に限ってキャッシングから借入れをずるずると繰り返してきました。少しでも負担を抑えておきたかったと考えてたので、カードを作った初めての融資で4週間ノーローンというシステムのカード会社を片っ端から借りいきました。月々の収入が僅かといった理由で、ローン会社1社に対しての借入額はおよそ10万円の中に収めていたのですが、結局、今、元利にして60万円になり、利率もまとめると100万くらいの借入金に上って、1か月ごとの返済も4万ほどで、返し続けることが極めて困難になってしまったのです。

いま借りているカード会社はあわせて6社になります。この会社から借金の支払いを督促文面の郵便物やら電話でのお願いが、ずっと入ってくるので、返済出来ない僕がバカで本当にダメとわかっていてもげんなりしていました。日勤を終えてからすぐに、スマホを確認すると恐ろしい数のカードローン会社からの着信履歴が来て、そうこうしている間にケータイの月々の料金も払えなくなってきて繋がらなくなると、今度は仕事場にまで訪ねてくるローン業者も何社か現れるようになっていったのです。今の状況が長く続ようなら仕事をしていくことも難しくなると思い、司法書士事務所へ事情を説明し、個人再生の措置をすることに踏み切ったのです。債務整理の手続きからしばらく経ってからのことです。負債返済に関して司法書士が受忍通知をカードローン業者へ通知したとたん、どこのローン会社からも無茶な電話がおさまりのです。本当にピタリと消えてひと安心でした。

この一件が解消されたことで、自分は前向きになり、今後の返済プランや、どんな風に生活をしていったらいいのかについて納得できるまで考え抜く時間をやっと持つことが出来ました。そうしている間、司法書士の方がそれぞれの金融会社ずつ債務整理の掛け合いをしてくれて、利息を減軽による、ローン返済額の減らすの話し合いの内容を取りまとめてくれてのです。そのおかげで月々のキャッシングローン返済額は50パーセントに減らすことが可能になり、どうにか生活を立て直していくというめどが持てるようになり本当に嬉しかったです。このように急速に生活が変えることがするのなら、抱え込まず早いうちに司法書士の先生に事情を相談に行くべき良かったととても強く思いました。借金の悩みは、まず行動していくことで解消することができます!あきらめる前に地域の弁護士や司法書士へ相談してみてください。