債務の調整により払いすぎた金額がまい戻ってきた自身の事例

過払いした分と法律専門の事務所について私の経験したことです。負債の調整のひとつの方法の払いすぎたお金を求める事ができるという事実は、近ごろあちらこちらでCMしているのでぞんじ上げていたのです。自分も何年か前まで、25%位の利率で先借を使用し続けて来たので、相応の過払い分を督促していくことができるのが可能に違いないだろうと期待していたのですが、いか様にし色々な手続きをしたらよいか知識が無かった為に諦めていました。しかしながら、友のひとりがとある法律を専門としているオフィスを通して過払いしたお金を返還して頂く事が可能であったことを知り、自分自身もネットにより法律を専門としてる事業所を見つけだし過払いしたお金の手続きを実行にうつしてみる事になったのです。

わたしが見出した法律を専門にしている事業所の場合では、最初にどのような借金が抱えていたのかと言う事を細かく説明をおこないました。そして、おおよそ5年以上に渡って債務を償還してきましたが、一部には過払い金の可能性が存在することが判明しました。この法律を専門としてる事業所では月当たり一千件以上の払い過ぎたお金の督促を行っているそうで、自分も払い過ぎた分が返還されて可能性があるという見込みが出ました。法律を専門としている事務所の人のお話によると、50パーセンテージ位の確率ですけれど、がんばってみますという事でしたね。

結果として、自身の状況は手数料を引いた結果として、二十万くらいの過払いした分が戻ってくる事になったのです。この事は天恵でしたね。さらには、こちら20万円を残っている借金に対して当てる事により、負債のトータルの額を思いきり減らす事が出来ました。借金のトータルの金額が減っていくと、金利の分もあたりまえに減りますので、毎月の返済額が少し楽チンになってきましたよ。

あきらめてしまっていた過払い金なのですが、断念すると勿体ないと言う事が答えですね。法律を専門とする事務室の人の話では、5年もの期間にわたり負債を返還しつづけておられる人は、過払い分ができてる目処が存在してるという話でしたね。このように債務諸問題に関して、対処していくことが十分に可能となるのですよ。ひとりだけで悩み苦しんでいる事は勿体無い事なので、弁護士や司法書士等の専門の先生に対してご相談なされて下さい。