日刊紙の宣伝、ゴシップ紙、繁華街に張り付けられたチラシや郵便広告で、「多重債務の

日刊紙の宣伝、ゴシップ紙、繁華街に張り付けられたチラシや郵便広告で、「多重債務の合理化いたします」「多重負債を統合したいと思ったら」などの宣伝を閲覧することがよくあります。

「整頓屋」「買取屋」「つなぎ業者」と呼ばれる悪徳業者のだまし広告の場合もあったりします。

そのようなものを依頼した場合では破産申請の中で一番重要な免責許可を得られない危険がありえます。

「整頓業者」の場合はダイレクトメールなどで債務者を集め高額のサービス料を受けて債務整理をするのですが、本当は負債整頓は行われないまま、負債人はより一層の借金地獄に陥ることが9割方と思われます。

「買取業者」の場合は、負債人のローンで家電、旅行の利用券を山ほど購入させ負債人から品を売値の2割あるいは額面半値で購入するというやり方のようです。

負債人は短期には現金が増えますが少しすればクレジット会社からの購入品の完全な請求が送られて来ることになり、実際のところ負債を増額させる結果になります。

この場合はクレジットカード企業に対しての詐欺に当たるということになり免責許可を受けられません。

「紹介業者」はサラ金から断られる債務者について業者として提供は全くせずに、資金提供を受けられる違う会社を呼び出し、高額なサービス料を受け取る業種です。

紹介屋は手の込んだつなぎで貸出してもらえたように説明しますが実際は何もしておらず、ただ単に規程のゆるい企業を説明しているということなのです。

このケースも現実には債務額を増大させる結末となります。