民事再生はマンション等のローンを含め複数の債務に悩んでいる個人に対して、住居を手

民事再生はマンション等のローンを含め複数の債務に悩んでいる個人に対して、住居を手放さずに経済面でやり直すための法的な機関による債務の整理の方法として適用された解決方法です。  
自己破産制度みたいに免責不許可となる要件がありませんので、投機などで借金をしたのであってもこの手続きは取れますし自己破産をしてしまうと業務できなくなるような業界で給与を得ているような方でも手続きができます。  

破産申告では、住居を対象外にすることは考えられませんしその他の選択肢ではやはり元金は返していかなければなりませんので、住宅のローンを含めて払っていくのは簡単なことではないでしょう。  ただし、民事再生による手続きを選択できれば住宅のためのローンを除く借金については負債を削減することが可能ですので余裕を持ちながら住宅ローンを返済しつつ他の借金を払っていくようにできるということになります。  

民事再生による解決は任意整理による手続きや特定調停といった手続きと異なって特定の借金を除外扱いして処理をすることは考えられませんし破産申請に適用されるように借金自体が帳消しになるわけではありません。  

また、これとは別の債務整理と比較して手続きが時間もかかりますので住宅のためのローンを組んでおりマンションを手放したくない場合等以外において破産宣告などその他の整理ができない場合における限定された解決策とみなした方がいいと思います。