民事再生は住宅ローンなどがある重債務に悩んでいる人々を対象としてマンションを手放

民事再生は住宅ローンなどがある重債務に悩んでいる人々を対象としてマンションを手放すことなく経済的に再建するための法による謝金の整理の手順として2000年11月に適用されたルールです。

この法律には、破産手続きとは違い免責不許可事由はないために散財などで借金をした場合でもこの方法は可能ですし、破産申請が理由で業務できなくなる危険のある資格で仕事をされているような方でも民事再生は行えます。

破産の場合には、住んでいる家を手放さないことは許されませんし特定調停と任意整理では借金の元金は完済していかなければなりませんので、住宅のためのローンを含めて返済をしていくことは多くの人にとっては簡単ではないと思われます。

ですが、民事再生という処理を選ぶことができればマンション等のローンを別とした負債額は少なくないお金を減額することも可能ですので、ある程度余裕に住宅のためのローンを支払いながら他の債務を返していくことも可能ということになります。

とはいえ、民事再生という選択は任意整理による処理特定調停といった処理と違い一定の債務を切り取って処理を行うことは許されませんし破産宣告におけるように債務それそのものなくなるわけでもありません。

そのほかの整理方法と比べるとある程度こみいっていて時間が必要ですので住宅ローン等を持っていて住んでいるマンションを維持する必要がある状況などを除き自己破産等その他の債務整理ができない際のあまり優先したくない解決方法と見ておいた方がいいでしょう。