民事再生は住宅ローン等がある複数ある債務に陥っている人々を対象としたマンションを

民事再生は住宅ローン等がある複数ある債務に陥っている人々を対象としたマンションを手放すことなく金銭管理の面で再生するための法による借金整理の方法としてはじまった選択肢です。

民事再生制度には、破産申告みたいに免責不許可となる要素がありませんので競馬などで借金したのであってもこの手続きは選択可能ですし破産宣告により業務が不可能になる危険のある免許で仕事をしている場合などでも手続きができます。

破産申告では、住んでいる家を保有したままにすることは不可能ですし他の債務処理方法では、元金は払っていくことが要求されますので住宅ローンも支払いながら返済を続けるのは多くの場合には難しいと思われます。

とはいえ、民事再生という処理を選択できればマンション等のローンを除いた負債額はかなりの負債を減額することも可能ですので、余裕がある状態で住宅のためのローンを払いつつあとの借入金を返済し続けるようにできるということなのです。

ただし、民事再生という選択は任意整理または特定調停等と異なって一部分の借り入れだけを除いて処理を行うことは無理ですし、破産宣告の際のように返済義務それ自体消えてしまうわけでもありません。

それに、これ以外の解決手順と比較してもいくらか簡単ではなく手間が必要ですので住宅ローンがあり住居を手放せないような状況以外において自己破産などのそれ以外の整理ができない時だけの最後の処理と判断しておくのがいいでしょう。