特定調停というのも任意整理による手続きと変わりなく、各貸方への返金を行うことを前

特定調停というのも任意整理による手続きと変わりなく、各貸方への返金を行うことを前提とした債務整理の選択のことをいいます。

言い換えるなら裁判所における借金の整理となります。

この手順も任意整理による処理と似ていますが破産手続きと異なりある部分のみの借金のみを処理していくことが可能ですので、他の保証人が関連する負債額を除き処理する際や住宅ローン以外について検討したい場合などにおいても適用することもできますし、全ての財産を処分する必要がないため、自動車や土地などの自分名義の財産を所有していて、放棄してしまいたくない場合などでも有用な債務整理の手順といえるでしょう。

いっぽうで、これからの返済に必要となる額と所得を比較し、ある程度返済の計画が立つ場合においては手続きを進めることは可能ですが自己破産のように返済義務そのものがなくなってしまうということではないため元金の総額がだいぶあるような場合は実際的には特定調停による選択をするのは困難になると判断することになるでしょう。

あと、特定調停は司法機関が間に入りますので司法書士等にゆだねなくてもリスクが増えることはないということとか手続きにおいてのお金を低くおさえられるという良いところは魅力的ですが貸し手の催促に対して回答する必要がある点に加え管轄の裁判所に何度か通うことになるというようなデメリットもあります。

任意整理と比較してみるとこの方法で同意が得られないような際は求められている利息をそのまま付けた計算で返していく必要があることや最終的に債権者へ払う額が任意整理による手続きに対して高くなってしまうことがある等のデメリットもあります。