特定調停による処理も任意による整理と似ていてそれらの債権者への債務の返済を継続す

特定調停による処理も任意による整理と似ていてそれらの債権者への債務の返済を継続することを前置きとした借金を整理していく選択肢なのです。分かりやすく説明すると裁判所がやる債務の整理といえます。

任意整理による方法とほぼ同じく破産とは違いある部分のみのお金のみをまとめていくことになりますので、他に連帯保証人がいる借金以外だけで検討していく際や自動車ローン以外だけを処理したい場合なども検討することも可能になりますし、築き上げてきた資産を放棄することは必要とされていないので、クルマや不動産などの資産を所有していて、手放してしまいたくない場合でも選択肢になる借金整理の方法になるでしょう。今後の返済額と実際として可能な所得額を検討し、おおむね返済が見通せるようならばこの方法で手続きを取ることは可能ですが破産申告のように負債自体が消滅してしまうというわけではありませんので借金の金額がかなりある場合には、現実には特定調停による手続きを踏むのは難しくなるということになるでしょう。

なお、この方法だと公的機関が間に入りますので専門家に見てもらわなくても立場が弱くなってしまうことがないという点や、手続きの諸経費を低くおさえられるという益は魅力的ですが貸し手の督促に対して債務者本人が対応していくことになることや、管轄の裁判所に何度も通うことが求められるというようなデメリットもあります。また、任意整理による解決と比べてのことですがこの方法で和解に達しない際には利息をすべて付けた金額で返済していくことが求められるという点や最終的には債権を持つものに対し払っていくお金が任意整理と比較して割増しになる場合が多いという注意点もあります。