特定調停による処理も任意による整理と似ていて、それらの貸し手に支払いを行うことを

特定調停による処理も任意による整理と似ていて、それらの貸し手に支払いを行うことを選択する借金を整理していく選択です。

わかりやすくいうならば裁判所が関係する借金の整理といえます。

この方法も任意整理とほぼ同じく自己破産手続きとは違いある部分のみのお金のみを処理することが可能なため、他に保証人が関係している負債を除き手続きしたい際やクルマのローン以外について手続きしていく際等においても使用することが可能ですし資産を処分してしまう義務がないため貴金属や不動産などの自分名義の財産を所有しているものの、処分してしまいたくない状況であっても有用な借金整理の方法になります。

ただし、後々返済していく額と実際として可能な収入を検討しだいたい返済の計画を立てられるようである場合は特定調停の手続きを進めるほうが良いといえますが、破産宣告と違い負債そのものがなくなってしまうということではありませんので、借りている合計が大きい場合には、現実問題として特定調停の選択をするのは困難だということになります。

いっぽう、特定調停は司法機関が中に入るので弁護士などのプロに関わってもらわなくてもリスクが増えるようなことにはならないことや、金額を減らせるという利点は魅力的ですが、お金の貸し手からの催促に対して債務者自らが応対することになることとか所定の裁判所に何度もおもむくことになるなどといった要素もあります。

任意整理と比較してみると、解決が得られないといった場合は年利をそのまま付けた計算で払っていかなければならないといったことや最終的にそれら債務者に返済していくお金が任意整理による方法の場合よりも高くなる傾向にあるといった留意点もあります。