破産宣告の際持っている借金に対してその保証人となる人を立てているときには、あらか

破産宣告の際持っている借金に対してその保証人となる人を立てているときには、あらかじめ話しておくべきです。もう一度、改めて言いますが、ほかに保証人が付いているときは破産申告の前段階でちゃんと考えておかなければなりません。というのはみなさんが破産宣告をして免責されると、補償する立場の人が義務をいっさいがっさい負う必要が生じるからです。ですから、自己破産手続きの前段階で保証人である人に、その内容や現状を報告しつつ、お詫びの一つもなければならないでしょう。それは保証人になってくれた人の立場からすると不可欠なことです。債務者のあなたが破産の申告をすることにより、急に膨大なローンが発生してしまうことになるのです。そうなると、それからのその保証人の取れる選択ルート次の4つです。

一つの方法は、その保証人が「みな払う」ということです。保証人がすぐに大きな負債を簡単に返済できるほどの現金をたくわえているならば、そうすることが可能です。でもその場合は、あなたが破産宣告せずにあなたの保証人にお金を貸してもらって、自分はあなたの保証人に月々返すという手順も取れると思います。保証してくれる人があなたと良い関係にあるならある程度完済までの時間を長くしてもらうことも可能かもしれません。それにいっしょに返すことが不可能だとしても、話し合いにより分割での返金に応じるものです。保証人に破産手続き行われてしまうと債権が一銭も返金されないことになるからです。保証人がもし保証したカネを代わって支払う財力がなければあなた自身とまた同じく何らかの方法での債務整理を選ばなければなりません。2つめは「任意整理」による処理です。この場合債権者と話し合う方法で、3~5年の年月で弁済する方法になっています。この問題で弁護士にお願いするときの相場は1社につき約4万円。

もし7か所からの負債がある場合28万円ほどいります。貸金業者との交渉を自ら行うこともできますがこの分野の経験や知識がない方の場合相手側があなたにとっては不利な和解案を投げてくるので注意が必要です。それに、任意整理を行うということは負債を立て替えさせるわけですから、借金をしたあなたは少しずつでもその人に返済していく義務があるでしょう。3つめですが保証人となっている人も返せなくなった人と同様「自己破産を申し立てる」という選択です。返済できなくなった人と同様に自己破産をすれば、保証人である人の責任も消えてしまいます。

ただ、有価証券等を登記している場合は価値のある資産を没収されてしまいますし資格制限がある職業についているならば影響を受けます。そういった場合は、個人再生を活用するといいでしょう。最後の4つめの方法は「個人再生による手続きを取る」方法についてです。マンション等を処分せず債務整理を希望する場合や破産申告では資格に影響するお仕事についている方に検討していただきたいのが個人再生という制度です。この方法の場合自分の家は残りますし、破産手続きの場合のような資格に影響する制限等は何もかかりません。